よく効くセレコックス!鎮痛してくれてリウマチ患者から嬉しい声

鎮痛剤のセレコックス

痛み止めとして利用されている薬で代表的なのはロキソニンですが、そのロキソニンを改良したといっても過言ではない鎮痛剤がファイザーから販売されています。
セレコックスは従来の鎮痛剤に多くあった副作用の胃痛などがなく、痛みそのもののみを抑えてくれる働きがあります。
有効成分はセレコキシブで作用は、炎症を抑え腫れ、痛みなどを鎮めてくれます。(対症療法薬になるので痛みや炎症の原因は治療できません)
リウマチや、変形性の関節症、歯を抜いた時の炎症や鎮痛、肩関節周囲炎、外傷後などの症状に活用されており、特に関節痛をもたらす症状に多く処方されており、関節リウマチの患者にはなくてはならない鎮痛剤となっています。
一般的に副作用が少ないとされている、アセトアミノフェンと比較する試験が行われましたが、副作用は同等で鎮痛作用はセレコキシブのほうが有益だという結果が出ています。
炎症箇所にはCOX(コックス)というものがあり、鎮痛剤の多くはこのCOXを阻害する事で炎症を抑えてくれます。
ロキソニンなどはCOX全体に働きかけていましたが、COX-1、COX-2両方に作用する為COX-1も阻害するので胃の粘膜保護を無くしてしまうため胃痛などを感じてしまうのです。
しかしセレコックスはCOX-2にのみ働きかけるため、胃の痛みなどの副作用が見られないのです。
リウマチなどの関節痛は慢性的なものが多く、日常的に痛みを感じてしまいます。
セレコックスは副作用が少なく、効果が高いため慢性的な関節痛でも安心して日常的に服用することが出来るのです。
新しいタイプの鎮痛剤で、これからは第一選択として活躍することは間違いないですが、日本ではロキソニンと違い現在では処方箋薬となっています。
しかし個人輸入を海外からすることで病院へ行かなくてもこの鎮痛剤を購入することが出来るのです。
もちろん病院へ行くわけではないので、きちんと薬の有効性や安全性などを理解したうえで購入し、必ず決められて容量や用法で使用してください。
今まで鎮痛剤のほかに解熱剤などでアレルギーを起こしたことがある人は利用を控え、これらの点で気になる方は医師や専門家に相談してください。

関節リウマチには、セレコックスのジェネリック医薬品がおすすめです。